『湯布院温泉・殺人事件』(1)<貪欲な軽薄男>

1、日曜日の午後


真夏の眩しい陽射しが中目黒の、生活にゆとりを感じさせるベージュ色のタイルに外壁
が囲まれた、21階建のマンションに容赦なく降り注いでいた。
8階の1室に住居を構える六条マリアは、深い眠りから醒めつつあった。寝室の西側の
壁に掛けられた時計は、すでに9時を指そうとしいる。彼女は、明け方まで執筆を続けて
いた。
マリアは、東京の東亜大学の文芸学科を卒業すると、その年の8月から始まるマンハッ
タン島のアッパータウン、ウエストサイドにキャンパスを有するコロンビア大学のジャー
ナリズム学科に留学し、3年前の夏に帰国して時局通信社の特派記者として、海外の事件
を取材報告していた。湾岸戦争とその後の中近東の情勢の報告は、高い評価を得ていた。
が惜しまれて今年の5月にに退職していた。その後は、ロマンスアクション小説の執筆に
専念している。
つい2週間前に第3作目のロマンスアクション小説を出版し、推理小説界でも注目され
つつある、新進作家である。仕事は、おもに深夜の時間を使って書いていた。時局通信社
の記者時代に書いた、処女作品の『愛の旅路』がある文芸誌の新人賞を授賞したのをきっ
かけに、時々テレビのワイドショーにもゲストとして出演していた。昨日も午前中の番組
の出演依頼があり、睡眠の時間がテレビに費やされて、ほとんど眠っていなかった。
ベージュ色の地に淡いピンクの大きな薔薇を配した綿毛布を脇に押しやるとスカイブル
ーのシルクのパジャマの裾が、豊かで張りのある乳房の下までめくれ上がっていた。この
パジャマの乱れも気にすることなく、マリアはサイドテーブルの上に置いてあったラッキ
ーストライクの箱から1本を抜き取り、艶やかな唇に挟みんでジッポーのオイルライター
の火をその先に近付け大きく息を吸う。マリアは、この一時がたまたなく気にいっている
。右手で煙草をくわえつつ、左手は、はち切れんばかりに豊かな乳房にそっと滑らせてい
く。朝の起き抜けの一服と醒め切らない身体の奥底から沸き上がる快感に、しばらく身を
任せた。吸い終えた煙草を、テーブルの上のガラス製の灰皿の中でゆっくりと揉み消す。

こうして1日の始まりの儀式を終えたマリアは、ベッドを起き出し、シルクのパジャマ
を、まだ続く快感の名残りの中でゆっくり脱いで整えられたベッドカバーの上に置く。裸
の肩にはブラウン色の髪が肩口までしなやかに伸びている。サバンナを駆け抜ける豹のよ
うな野性味を感じさせる姿態には、不釣り合いの豊かなバストが、彼女の魅力を際立たせ
ている。










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory : (プサイラボ)
http://psi333a.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お得な生活情報サイト 「 PSI333a's Lab. Shop 」
 あなたがお探しのアイテム、サービスがここにある
http://justtimereport.web.fc2.com/arcade01.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホームページへ
~~~~~~~~~~~~~~~~~



posted by Kidmangoa at 09:25Comment(0)読み物

『湯布院温泉・殺人事件』(53)<莫大な負債に喘ぐ男>


 『湯布院温泉・殺人事件』 以後のあらすじ(3)

* * *

湯布院で予期しない事件に坩堝に巻き込まれたゆかりは、自分を取り巻く人間関係と事
件の大略の知り得る限りを、目の前で親身になって相談に乗っている六条マリアと立花健
太に話した。
水島杏里は、湯布院のホテルに拘束されていた。
事実の把握ができないマリアと健太は、ゆかりを伴って湯布院行きを決意した。
電話で、川崎港を深夜に出港する「太平洋沿海フェリー」の予約を済ませると、マリア
と健太は、田端のゆかりのマンションを出て、健太のBMWでマリアの実家のある鵠沼ま
で行った。実家には、マリアの所有している「ランドローバー」が預けてあった。「ラン
ドローバー」を受け取ったマリアは、健太のBMWと前後して、高速道路を都内まで帰っ
た。

ohdan01.jpg

そのまま健太は、自宅マンションに戻り、簡単な度支度を整えて中目黒のマリアのマン
ションまで取って返した。
マリアは、自宅マンションで健太の到着を待っていた。
健太は、マリアのマンションの地下駐車場に、マリアが日頃乗っているベンツのスポー
ツクーペの隣の空きスペースにBMWを止め、8階の部屋まで行った。
翌日から1週間の約束を電話でキャンセルしていたマリアは、健太の到着を待って「ラ
ンドローバー」でゆかりのマンションに向かう。夏の長い陽は暮れて時刻は7時30分を
過ぎている。
ゆかりは、二人の到着をマンションの部屋で待っていた。マリアと健太が着いたところ
で、途中で夕食を摂る予定で、3人は、「ランドローバー」でマンションを後にした。
フェリーは、川崎港の出港が午後11時だった。

翌日の6時30分に3人が乗ったフェリーは、宮崎県の日向港に着いた。
日向からは、一路、国道10号線を上り、大分市に入ると大分自動車道に入り、午後1
0時前に湯布院の杏里が逗留しているホテル「朝霧館」に着いた。部屋はゆかりが予約し
ていた。

ohdan03.jpg

翌日8時に部屋を起き出すと、朝食も早々に杏里を含めた4人は、祥子の事故現場と信
也と沙也佳の現場に向かい、湯布院の町に帰ると警察署に行った。
既に、沖縄のホテルで孝一と麻耶が青酸性毒物の服用によって死亡している事は、認知
されていた。
この孝一と麻耶の死亡が、杏里の立場を窮地に一層疑惑を深めていた。
数日間を、杏里を湯布院に残して3人は、北部九州のこの一連の事件(事故)の真相の
解明のために費やした。
湯布院に戻ったマリアは、杏里を交えてある推理を表明した。

3日目の夕方、湯布院のホテル「朝霧館」の部屋でマリアが、健太、ゆかり、杏里を前
に推理を披瀝しているとき、博多、天神の俊一が勤務する病院ビルの屋上では、怜悧で端
正な風貌の俊一が、フレームレス眼鏡の奥の、冷然とした目をキラリと輝かせ、口元に笑
みを泛べていた。











乾燥肌さん、必見!しっかり潤す美容液化粧水!




AGP化粧品「sensinren」お得な初回お試しはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、国際ニュース有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory : (プサイラボ)
http://psi333a.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お得な生活情報サイト 「 PSI333a's Lab. Shop 」
 1500社以上の情報、広告を収録、掲載しています。
http://psi333a.jp/arcade01.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
~~~~~~~~~~~~~~~
ホームページへ
~~~~~~~~~~~~~~~



先取りキャッチ!プロに大人気の美容液化粧水!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
posted by Kidmangoa at 13:47Comment(0)再掲載

『湯布院温泉・殺人事件』(52)<莫大な負債に喘ぐ男>


 『湯布院温泉・殺人事件』 以後のあらすじ(2)

(水曜日)病院を早退した祥子は、昨夜の内に孝一から訊いていた信也の行き先の湯布
院に、追っていく。途中、信也の携帯電話に電話を入れると、宿泊先が確認出来たが、自
分が湯布院に向かっていることは告げない。

(水曜日)6時前になって杏里がゆかりを伴って「フォレスト・エコー」に行くと信也
が先に来て待っていた。信也は、祥子の部屋で杏里が写った写真を見ていて、杏里が入っ
てくるのが分かった。しかし、杏里は孝一が来ていると思いながらレストランの中を隅々
まで見回している。信也は、しばらく声を掛けることに躊躇したが、意を決して杏里に近
付いて行き声を掛ける。しばらく、3人で話すが、信也が「二人だけで、姉の祥子と孝一
の別れ話について話したい。」ということで、信也の借りたレンタカーで山下湖畔まで行
く。車の中で杏里と信也が話していると、孝一の幻影に怯えた信也が、突然杏里に襲いか
かる。孝一の指示した事を察知した杏里は、「孝一との離婚の成立が間近で、離婚した後
の孝一は、無一文になる」事を承認させる。しかし杏里は、信也に殴打されて重傷を負う
。信也は、自分の行為に慄いて杏里を置き去りにしてホテルに逃げ帰る。
杏里は、6年前に日田の三隈川畔で襲われた時の事を思いだし、相手の3人の風貌を記憶
していた。信也は、その内の一人だった。

a05.jpg

ホテルの部屋に8時頃、帰り着いた信也は、部屋に沙也佳が居ない事を察る。沙也佳は
、夕食を一人で済ませるとスナックへ飲みに行って、そこで知り合った男とラブホテルに
に入り9時前に、信也の居るホテルに帰って来た。
愕然として、悔恨の気持ちに汪溢されて一人でホテルの部屋にいる信也を、姉の祥子が
訪ねてくる。信也が、杏里に怪我を負わせたことを話すと、恐怖に怯えている信也を見た
祥子は、孝一が持っていた「覚醒剤」を渡して、「翌朝、早目にホテルを出ろ」と行って
帰っていった。
病院の仕事を終えて湯布院まで車で来ていた祥子は、水分峠を福岡に向かう長い下り坂
で、車のハンドルを片手にバッグから出した煙草に火を付ける(この煙草は、孝一が祥子
の部屋に残した大麻が混入された煙草だった)。坂を下り切る手前の大きく左カーブし
た所で、中央線を越えた祥子を乗せた車は、対向車線を走ってきた長距離トラックと正面
衝突し路肩から谷底に転落して大破した。

山下湖畔に置き去りにされていた杏里は、気絶から醒めると、ゆかりに電話を掛け呼び
出して、助けを求めた。すぐに山下湖畔の杏里のところまで来たゆかりは、怪我を負った
杏里を乗せて湯布院まで戻ると、病院に杏里を連れていき、治療を受けてホテルに帰った
。杏里の怪我は、入院する程のことはなかった。
杏里は、警察への通報を控えた。


138151120_624.jpg

恐怖に怯えながら一夜を明かした信也は、翌朝8時前に沙也佳を連れてホテルを出て、
阿蘇山が一望できる「大観望」に向かった。急に眠気が襲ってきた信也は、昨夜、祥子に
貰った「覚醒剤」を一顆飲み、沙也佳にも一顆を渡した。
九州横断道路を阿蘇に向けて走っていた信也は、疲弊した身体と合わせて「覚醒剤」の
影響で運転を誤って、路肩を大きく外れて草原を雪崩落ちると、迫ってきた崖に衝突し乗
っていた車は大破して、沙也佳共々息絶えた。
地元警察の事故処理班が、現場に到着したのは、ドライブ途中の若者の通報を受けて2
時間後の11時前だった。
この通報した若者から事故当時の状況を訊き、信也の司法解剖から得た情報から計画的
な殺人の可能性があると、警察は判断した。(司法解剖によって、信也の体内から覚醒剤
の反応が出た。)

信也と沙也佳の行動を捜査していた警察は、「フォレスト・エコー」の主人、清水孝太
郎から得た、「前日、水島杏里と一緒だった」と謂う情報から、ホテル「朝霧館」に帰っ
ていた杏里の所に、6時を過ぎて事情聴取の刑事がきた。杏里は、任意同行を求められて
湯布院警察署に行った。

大沢ゆかりは、木曜、金曜、土曜の3日間湯布院に足止めされた。

(以後のあらすじ (3)につづく)












まつ毛美容液【Eyelash ONE -アイラッシュワン-】




黒ラメアイライナー【LB/エルビー公式オンラインショップ】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、国際ニュース有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory : (プサイラボ)
http://psi333a.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お得な生活情報サイト 「 PSI333a's Lab. Shop 」
 1500社以上の情報、広告を収録、掲載しています。
http://psi333a.jp/arcade01.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
~~~~~~~~~~~~~~
ホームページへ
~~~~~~~~~~~~~~~



まるで、眉毛エクステ「リアルアイブロウ つけまゆ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『湯布院温泉・殺人事件』(51)<莫大な負債に喘ぐ男>

連載はつづきますが、ここで一旦、「以後の展開」のあらすじを掲載します。




『湯布院温泉・殺人事件』以後のあらすじ(1)

翌日(月曜日)、朝の10時頃ホテル「朝霧館」の部屋で目を覚ましたゆかりは、杏里
を起こして昨日の夕方、夕食を誘いに来た湯布院町観光課の職員、石田洋介に電話して部
屋に来るのを待つ。間も無く洋介が、訪ねてくる。

洋介が、ゆかりと杏里を伴って昼食の接待の為に、ペンション「フォレスト・エコー」
に案内する。偶然であるが、「フォレスト・エコー」は、河合信乃の姪の清水幸子、孝太
郎、夫婦が経営するペンションで、客の応対には直接幸子が当たっていた。洋介は、この
ペンションの常連である。

杏里と幸子の出会いと、幼い頃の話に熱中する。
ペンションを1時頃出た3人は、週末の演奏会「室内楽の夕べ」の会場である湯布院町
コミュニティーホールに案内されるが、一旦、楽器を運搬するために、ホテルに還る。
コミュニティーホールの会場は、湯布院駅の近くに在る。会場は、ワンフロアーの収容
人員が300人で、矩形の端に一段高くなって舞台がある。舞台には、反響板までがセッ
トされていた。ゆかりと杏里は、ホテルの部屋から運んだチェロとバイオリンを控え室に
置いて、町内の観光に出かける。洋介とは、夕方5時にこの場所で待ち合わせる。
ゴルフでホールを出た、ゆかりと杏里は、湯布院駅傍の貸し自転車屋に行き自転車を借
りて、町内を巡る事にした。自転車に乗った二人は、昼食で訪れた「フォレスト・エコー
」に改めて立ち寄る。

ホールで、石田と落ち合った二人は、簡単に打ち合わせを済ますと、夕食の為に「竹林
庵」に行く。ここは、昨日昼食を摂ろうとして孝一と揉めていた。洋介は、にこやかに町
の自慢話に余念がない。
8時30分になってホテルに戻る。
翌日(火曜日)は、午前中を、ホールの練習室で過ごす。10時頃、野村夏子から電話
が杏里に入り、孝一が朝礼で「沖縄旅行の休暇を採ること」を発表した事を杏里は聞く。
杏里とゆかりの二人はホール近くのレストランで昼食を済ませると、杏里の発案で日田
までドライブすることに決め、湯布院を2時頃出発する。日田では、途中叔父の俊作を訪
ねる。
半年ぶりに俊作を訪ねた杏里は、従兄弟の俊一が、K大学の医学部を卒業すると、4月
から天神の病院で研修医として勤務していることを知る。
日田の町を観光して、6時30分になってレストラン「芙蓉」で夕食を摂る。ここには
、博多を出た信也と沙也佳が夕食を摂っていた。
8時になったところで、湯布院のホテルに向けて日田を発つ。湯布院のホテルには、9
時過ぎに到着する。
翌日(水曜日)、ホールの練習には、10時になって出かける。2時間ほど練習すると
、昼食の為に「フォレスト・エコー」に行く。石田が来ていた。

138151120_624.jpg

(火曜日)、沙也佳、信也と別れた孝一は、麻耶の待つ六本松のマンションに行くと、
案の定麻耶は部屋にいた。二人で、天神のIデパートに沖縄行きの用意の品々を買い求め
るために行く。天神地下街で夕食を済ませると、六本松のマンションに帰り忙しい媾合の
時を持つ。孝一は、8時30分過ぎに六本松を出て、香椎駅近くの祥子のアパートに行く
。六本松のマンションの出掛けに、日田にいる信也の携帯電話に連絡を採る。信也は、「
芙蓉」で食事をしている。

祥子のアパートに着いた孝一は、そそくさと風呂に浸かり、寝支度を始める。居間でテ
レビを見ていた祥子と、翌日からの沖縄旅行の件を話すして、孝一が先にベッドに入る。
(この祥子との話の中で沙也佳から買った覚醒剤の話が出る。)祥子は、部屋に落ちてい
たと言い訳する。旅行鞄は、祥子の部屋に在った。覚醒剤の瓶の中に8錠残っていた物を
すり替えて、2錠の青酸性毒物のカプセルを残していた。(このカプセルは、祥子が同じ
病院に勤務する俊一に頼んで手に入れたものである。)

(火曜日)博多のレストラン街を4時前に発った信也と沙也佳は、3号線を南下して県
道に入るとそのまま国道210号線を日田に向けて進み、5時前に孝一が予約していた「
日田リバーサイドホテル」にチェックインを済ませ、ホテルの部屋で休憩すると、7時を
過ぎて食事の為に外出する。「芙蓉」でしている食事を摂っている所に8時15分になっ
て、孝一から電話が入る。食事を済ませて、ホテルには9時前に帰った。

(水曜日)祥子のアパートを朝6時に発った孝一は、六本松の麻耶のマンションに立ち
寄り、麻耶と一緒に福岡空港に向かう。空港には8時45分に福岡空港に着いた。沖縄へ
のツアー便のチェックインの時間に利用して、信也に電話で湯布院行きを指示する。
那覇空港に降り立った二人は、ツアー客と一緒に今夜宿泊する「那覇グランドホテル」
に行き昼食を摂る
。割り当てられたホテルの部屋で、信也に電話する。既に信也は、湯布院に着き沙也佳と
町内観光をしており、丁度その時「フォレスト・エコー」で昼食を摂っているところであ
った。この電話で『ホテル“水月館”に予約している事を告げ、夕方6時に沙也佳を部屋
に残して「フォレスト・エコー」に行く事を指示する。』。
ホテルの部屋を出た二人は、ツアーで予定されていた那覇市内のバス観光に出かける。
ホテルには、5時30分に帰る。5時30分頃なって湯布院の杏里に『沖縄行きを変更し
て湯布院に来ていると虚言を伝え、6時に「フォレスト・エコー」で会いたい旨を告げる
。」。ホテル内で夕食を済ませた二人は、部屋で休憩すると夜間も10時迄開いているホ
テル内のプールに行き、9時30分に部屋に帰る。
一緒に風呂に入った後、ベッドに入った二人は忙しい媾合に入り、孝一は沙也佳から買
ったと思っている***のカプセルを麻耶に飲ませ、同時に自分も飲む(実は、このカプ
セルは、祥子が青酸性毒物とすり替えておいた物だった)。孝一と沙也佳は、蜿き(もが
き)苦悶し口から血液を垂れ流して悶絶する。










NO NAME / カカオ美容液




TV話題!美肌菌 美容液 初回1,080円【オリゴロジック】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory : (プサイラボ)
http://psi333a.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大型ネット通販、広告サイト「 PSI333a's Lab. Shop 」
 1200社以上の情報、広告を収録、掲載しています。
http://psi333a.jp/arcade01.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
~~~~~~~~~~~~~~~
ホームページへ
~~~~~~~~~~~~~~~



【MACHILUS】【お客様満足度93.3%】首元の年齢サインにストップをかける美容液。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
posted by Kidmangoa at 13:20Comment(0)再掲載

『湯布院温泉・殺人事件』(50)<莫大な負債に喘ぐ男>


ダイエットを心がけてミックスサンドと和風サラダを注文した沙也佳に、牛ヒレ肉のサ
イコロステーキの和食セットを待っている、食い意地の張った下品な孝一が、
「なんだ、沙也佳。この店は、ステーキが美味しいんだぞ。」と、テーブルの上に置か
れたお絞りで、汗ばんだ手を拭きながら言った。
「いいの。わたし、もう少し痩せたいんだから。それより孝一さん、わたしたち、何処
のホテルに行くの?」と沙也佳が言った。
煙草が吸いたくなった孝一は、着ていたグレー地に白いラインの入ったスーツの上着の
両方の外ポケットに同時に両手を差し込んだ。吸い残しの10本が残ったラークマイルド
とライターは、左のポケットにあり、右のポケットには、昨日沙也佳が押し込んだ淡いブ
ルーのショーツだけがあって、覚醒剤のカプセルが6錠入ったガラス製の小瓶は無かっ
た。孝一は、右手に掴んだ煙草を出して1本を、分厚い唇に挟むとライターの火を近付け
て、
「ホテルなんか何処でもいいじゃないか。それより、いいとこ見つけたんだ。楽しみに
してろよ。」と言って、煙草をくわえた口元に、ニヤっとした好色そのものの笑みを浮か
べた。

azabu02.jpg

営業で、このレストランの地域一帯の土地環境をすでに熟知していた孝一は、ここから
1kmも離れていない、広く拡がった田園地帯の中ほどに、潅木がこん盛りと茂った人目
につかない場所があることを知っていた。
まもなく、運ばれてきた料理を競わしく食べている孝一は、
「そうだ、沙也佳に、後で合わせたい奴がいるんだ。奴から2時に電話が来るようにな
っている。いま、何時かな?」と言い、テーブルに置いている左腕に填めた、ロレックス
の腕時計を見た。時刻は、1時20分を過ぎていた。
「そう、でもわたし、今日は知らない人に会いたくないなアー。少し疲れてるし。」と
言って、前日の沙也佳とは違った、本当に疲れた表情をみせた。
「いや心配しなくてもいいよ。会わせるだけだ。そいつとは、ホテルなんか行かなくて
いいんだ。早く食べて終え。」と食事を渋っている沙也佳に、孝一は急わしく言った。
「でも、会うだけだったら、お金、呉れないんでしょう。」と言いながら、沙也佳は一
口食べたサンドイッチを皿に戻して、オレンジジュースのストローに、ローズピンク色の
口紅が光るやや厚めの艶っぽい唇を付けた。
食事を残らず食べ終えた孝一は、
「さあ、出よう。行くぞ。」と、伏し目がちにオレンジジュースを飲んでいる沙也佳を
促すと、テーブルの端にあった伝票を、荒っぽく掴んで椅子を発った。沙也佳も慌てて孝
一の後ろに従った。












オールインワンなら【Considermal(コンシダーマル)】




油を使わない保湿ジェルアクアゲルマジェル

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory : (プサイラボ)
http://psi333a.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お得な生活情報サイト 「 PSI333a's Lab. Shop 」
 1200社以上の情報、広告を収録、掲載しています。
http://psi333a.jp/arcade01.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
~~~~~~~~~~~~~~~
ホームページへ
~~~~~~~~~~~~~



新体験オールインワン美容クリーム【エミーノボーテ】


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~